楽知ん日記

楽知ん研究会の日々を徒然と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年度も、親子でつくる分子模型講座が始まりました!
第一回の今日は、「フロンがオゾンをこわすわけ」をテーマに、
フロンがオゾン層を破壊する過程を、分子模型で作りました。

にぎやかです


初回ということもあり、
たくさんの参加者の方が来ています。

とても、にぎやかですネ!





我ながら良い写真だ(笑)


初めてこの講座に参加するご家族も多いので、楽知んメンバーがサポートにつきます。

うまく教えられるかな?





うめちゃん指導中!

「カッターは、こうやって使うんだよ~」

科学のお姉さんがお手本をしめします。

女の子は早く作りたそうな様子!?




見守るアッキー

最初はカッターを持つ手も
ぎこちなかった子どもたちですが、

しばらくすると、どんどん上手くなっていきます!飲み込みが早い!




ありがとうございます!

お父さん方には、分子模型を飾る箱づくりを手伝っていただきました。

ありがとうございました~!!





松野先生のお説教?

「先生、ボクのどうですか~?」

「キミぃ~、それじゃイカンよ~」

松野先生は、子どもたちとすぐ仲良くなります!すごいなあー。



お話の時間

ひととおり分子模型を作った後は、みんなでお勉強の時間。

お父さん、お母さん向けに、
オゾン層破壊の過程を解説しました。




わかりやすい解説

進藤センセイの、フロンとオゾンの話。

プリントと黒板を使って、わかりやすくお話してくれました!

なるほどね~!




●○参加者の感想より○●

◎最初は不安だったけど、あとから慣れてきて、とても楽しかった。
フロンがオゾンをこわして、他のいきものが死んじゃうということにびっくりした!

◎オゾン層をこわす分子があるということが初めてわかった。
もっとすっご~いのが作りたい!

◎フロンは、50~100年も生きることにびっくりした。
炭素を作るのに、3回失敗して、少しイライラした!!

◎フロン12の炭素原子の四面切りには参った。科学というよりは、子どもと工作の時間を楽しく過ごせた。どちらかというと、自分の方が楽しんでいたかと…。

◎オゾンをこわす訳…帰ってもう一度読み返してみます。
説明を聞くと、ものすごい勢いでこわされているのがわかり、つくづく人間って大変なことをしてしまったんだと感じました。模型作りは初めてで、子どもたちの作品を見るだけでしたが、作ってみると思ったより難しいでした。完成度の高いものを作るのは大変。少しのズレにケチをつけるのはやめようと思うことでした。

◎また参加出来て、親子喜んでおります。
(昨年夏の講座、冬の講座の話題は何かの折に我が家で盛り上がっております)
模型作りを通して、今まで漠然としていたフロンによるオゾン層の破壊について、理解の一歩を踏み出せました。また家に帰って、夫を交えて、家族での話が楽しみです。


今までとは趣向を変え、ストーリー仕立ての講座だったのですが、
単に分子模型を作っただけではなく、学びの面もあり、親御さんからの反応がとても良かったです。
私も、オゾン層がどのようにして破壊されるのかということまでは知らなかったので、とても勉強になりました!

参加者のみなさん、これからよろしくお願いします♪

(編集:かじや)
スポンサーサイト

まいちゃん、更新お疲れ様。

次回のお話もそろそろ考えねば…
忙しいけど、頑張ります♪

2006.05.05 17:20 URL | やまぐち #CzFp58lQ [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://lifelongkadai.blog27.fc2.com/tb.php/5-6b021366

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。